FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性にもお使いいただきたい袱紗

naruse_fukusa_vi

うめももさくらです。

先日アップしました鳴瀬直幸先生の作品、もうご覧いただけましたでしょうか。

期間限定で本日までの販売となっております。


☆こちらからどうぞ


パフェ、森の動物、カサブランカ、招き猫の家族、乳牛と楽しい絵柄が揃った名古屋帯もおすすめですが、今日のブログでは袱紗をご紹介いたします。

袱紗というと無地か、家紋や名前の入ったもの、柄はあっても花模様か吉祥柄などで、祝儀・不祝儀に使うあらたまったもの、というイメージをもたれている方が多いと思います。

私どももそういうものだと思ってきました。

ところが今回ご用意している鳴瀬先生の袱紗は今まで見たことのないような、モダンで楽しい柄なのです。


たとえば音楽がお好きな方におすすめしたい、音符や楽器の柄。
グレーをベースにモノトーンカラーでまとめた「ピアノ」
深みのあるグリーンに、単体で描かれるのは珍しいチューバ
精密に描かれた「バイオリン」は、やわらかな色使いです。

上記以外の楽器を演奏される方は(方には)、「音符」をどうぞ。

ご祝儀を包むだけでなく、大事なコンサートのチケットを包んでおいたり・・・
そんな使い方も音楽モチーフの袱紗ならワクワク感もひとしおです。

ピエロの柄もおすすめで、「手品」「タンバリン」の2種類あります。
どちらもモダンな色使いで素敵です。

縁起の良いもの・吉祥柄もありまして、若松は「こんな着物があったら・・・」と思うさすがの画力。
ヤタガラスをモチーフにした「やたがらす」はぼかしがきれいな作品です。
地色と生地の光沢がなんとも縁起が良さそうです。

実はこの袱紗たちは「男性にもお使いいただけるものを」という思いから作られているんだとか。

確かにこんな袱紗をさりげなく使いこなせたら、お洒落だな、デキル人だなという感じがしますね。


鳴瀬先生の作品はセンスの良さはもちろん、着眼点や絵を描く力が素晴らしいなとつくづく感じます。

その都度デザインに合う生地を染めて、絵を描かれていますので、使用している生地と同じものが手に入らないこともあります。
生地・地色など、全く同じものは作ることができない、と思っていただいたほうが良さそうです。

もし「これは」と思うものがありましたら、お見逃しなく。


小正月セールも本日までです。


コメント&トラックバック お気軽にどうぞ♪
(セキュリティ上トラックバックのみの場合はリンク先のチェックをしておりません。コメントのない場合は削除させていただいておりますのでご了承ください。)

不適切と判断した場合は削除させていただきます。ごめんなさい(><)。

コメント投稿ができない場合は当店サイト内お問い合わせフォームよりご連絡ください。



スポンサーサイト

テーマ : 着物・和風小物 - ジャンル : ファッション・ブランド

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。